鳥取で「さぬきうどん」!?

おやじ、土日は鳥取でのイベントがあり、泊りがけで出張しておりました。
依頼された会社の社長に誘われて、さぬきうどんのお店に行きました。
私は、四国に呼ばれたイベントでは、現地の会社の方にお願いして、うどんの名店のはしごをしていますので、さぬきうどんには触れているほうだと思います。
ですから、まさか鳥取でおいしいうどんが食べられるわけはないと思っていました。
ところが出てきたうどんを見てビックリ。光っていたからです。
かけ、ぶっかけなど数種類のうどんに堪能。ダシにも驚きました。もちろん器も。
聞いてみると社長は、数ヶ月四国で修行し、粉から、材質から、店舗空間から妥協しないものを作り上げたということです。
テーブルの質感、面取り、隣のテーブルとの距離、おはし、照明、照度、トイレなども妥協しない「主張」がハッキリと感じ取れました。
なんといってもビックリしたのは「接客」の素晴らしさです。おやじ、若い頃は店頭販売のインストラクターを経験させていただいたことがあります。
声の出し方、おじぎの仕方とスピード、笑顔、なによりも「間」です。
脱帽です。まいりました。
「情熱」があれば、「ホンモノ」ができるということを再認識しました。
人を感動させるものに「一生懸命さ」があります。
適当・無感動な人を応援したいと思いますか?
あらためて、自分の先入観を恥じたおやじでした。
まだまだ浅いのぉ。修行が足りんわ。恥ずかしい!