おやじの占う2004年です

2004年、甲申(きのえ さる) 五黄土星(ごおうどせい)
甲   〜 「事の始まり」、「新しい気」という意味があります。
また、春の気を受けて「甲(かぶと)」を破って芽を出すという暗示から「発展、向上」という意味になります。
季節は初春、色は青、夜明け、東

申   〜 陰の気が強くなり、収穫期を意味します。
「伸びる」という意味があります。
季節は秋、色は白・金、西

五黄  〜 とにかくパワフルで壊乱、破壊、洗礼、改革を暗示します。
リーダーに実行が課せられるわけで、善は善なりに、悪は悪なりに拡大伸長します。
これらの暗示から・・
「甲」の拡大、発展、「申」の収縮、縮小と、消滅に向かう作用に対し、復元する再生力を指すなど作用・働きが違います。
したがって、平成16年は、自らの目的を達するには、断固たる決断をもって着手しないと成果が上がらない時ということになります。

風水では、「第八運」の幕開けの年となり、破壊・変革を意味する第七運から再生・保持を表す第八運に換わります。
この八白の時代が、わが国に「権威と活動」を招くことを期待したいものです。
形式や名称にとらわれず、本質を見ることが必要となります。
これ以上悪くなることはありませんが、急速に上昇するわけでもありません。待つだけでなく、再建に向けた計画・準備をした、自らつかみ取る者が生き残ります。
その意味では「勝ち組」と「負け組」がハッキリするでしょう。

構造改革の成果がなかなか出ないため、あきらめムードが広がりそうです。
与党は内部の調整がつきにくくモタモタし、野党は具体案が出せないのですが、回復の光明が見え始める景気が救いとなるでしょう。
とにかく、日本という国の真価が問われる年です。中東、イデオロギー、民族、宗教と火種が多く、その仲介役になれるとホンモノです。
米国の植民地を選ぶか、自主独立国家となるか・・これ個人にもいえますね。
おやじとしては、平成16年は「原点に返れ」、「初心は何だったか思い出せ」と声を大にして言いたいのであります。
スポーツカーに燃費を求めたり、バスに小回りを求めるのではなく、自分の特徴を再検討することで、「いい走り」を求めてください。

お楽しみ、縁起かつぎの切り口で見た2004年は

財運に関する方位
北東です。
この方位をキレイにする、水晶などのパワーストーンを置くなどして、財運をゲット!

健康に関する方位
南西です。
同じく、清潔にする黒水晶などで対応しましょう。

無難に過ごすための方位
中央です。
対応は他の方位と同じです。

ラッキー・カラー
黄色、茶系などの色。ベージュ・クリーム色もいいでしょう。

ラッキー・スポット
映画館・美術館で心を癒して、充電しましょう。
パワーアップした自分を見つけてください。

チェックのようなデザインが吉です
タータン・ギンガムなどのデザインが良いでしょう。
ユニフォームデザインや制服、トレンチなどミリタリーっぽいアイテムは、真面目さやカッチリ感があなたの評価をあげてくれるはず。

ラッキー・アイテム
干支の置物はいつもいいものです。
陶器は運を引き寄せてくれるはずです。地元なら備前・・焼き物にこだわってみますか?