2006年6月13日

恋愛について

6月・・日本では雨季になりますが、欧米では「ジューンブライド」、結婚式のシーズンになります。
日本の過ごしにくい6月に同化とは結婚式というのもどうかと思いますが、自分に対する意識付けということで、「恋愛運」を高める方法についてのお話、女性バージョンです。

「出会い」というのは、基本的に「出る」から「会える」のであって、家に閉じこもっていては「出会い」はありません。
また、いくら多くの男性と出会う機会があっても、「女性」として認識されていなければ、恋への発展はありません。
つまり、男性の目から見て「恋愛対象の可愛い女性」になればよいわけです。

恋愛運がないという女性の多くは、悲しいかな男性から恋する女性としての対象になっていないことが少なくありません。
女性としての魅力ってなんでしょう。

可愛い、優しい、柔らかい、純情、思いやり、母性、体型、服装・・
これらについて、再確認して、自分の女性としての魅力向上を真剣に考え、表現してみればよいわけです。

また、男性がどんな女性を求めるか考えてみましょう。
見た目だけではないはずです。
「美は主観的」なものであり、モノサシは人によって異なります。
「ブスの瞳に恋してる」(この番組タイトルにはおやじは抵抗があるのですけれど)は、男性がどのような女性に魅かれるかの参考になるのではないでしょうか。
自分にはない部分を補い合うのが恋愛です。

「女性の魅力アップ」の外観部分を女性の方の本からピックアップしてみますと・・
ボティケア、うぶ毛の処理、お肌の手入れ、洋服、髪の毛、香水、笑顔だとか。

内面の向上ということでは・・
女性に産まれて良かったと思うこと(そうですよね)、心がワクワクしている、思いやり・やさしさ・・

いかがですか?

« »