2009年3月2日

21日 午前中、明日開催される須貝先生のセミナーについて確認の電話を入れる。社長が替わり「あんたのような人間には来て欲しくない」まで言われた。参るなぁ。メモをするが面白くない気持ちが増えてきます。これまでの経緯は
1月10日 某工務店の見学会に行ったところ、セミナーの募集チラシがありました。
須 貝 高先生の講演でして、建築の世界では主張が明確で有名な先生です。実は、鳥取で大きなセミナーをご一緒させていただいたことがあります。家創りのプロ 4人ということで、私も末席を汚させていただきました。須貝先生ご本人にご挨拶をさせていただきましたが、お互いの担当時間の関係で私は須貝先生の講演を 拝聴できなかったのです。
クライアントさまからは、「おふたりの主張はよく似ている」という感想だっただけに、岡山で須貝先生に再会・拝聴に興奮しました。
チラシに参加資格の制限はない。先着50名様とあるだけ。担当に聞いて参加の承諾をいただきました。しかし、あらためてその場で上司の方に名刺交換して御願いをしました。
「家を建てるものではありませんが、須貝先生の話を聞いて勉強したい。よろしいですか」
「どうぞ、お待ちしております。」
実は、住宅関係に伺うとき、失礼のないようにご挨拶と内諾をいただくというのが本能となっております。
1月15日 メールで再度の御願いと「楽しみにしています」
そして ・・
「家を買う人が対象のセミナーだから、あんたのような人には来て欲しくない」と社長がきっぱり。
「えっ? はて?」
これまでの経緯を説明するとともに、理由を聞くと答えてくれません。
「参加資格がない、人数、不適格な人物なら納得します。個人的意見で結構ですから、ハッキリと仰ってください」
「来るなとは言わない」に発言が変わります。
「人数が一杯ならあきらめます」
「いや、空きはけっこうある」
もう理解不能になりました。
行きたいセミナーで、承諾をとって、上司に承諾とって、名刺交換して、メールを送って、電話で再確認した結果ですわ。
あらためてHPとチラシを確認すると、来る人拒まずなんですが・・・
コンサートチケットを持っていながら、会場に拒否された観客でした。

21日 午後から岡山ガーディアンズ事務所。学生メンバーをピックアップし倉敷へ。備中県民局で防犯のリーダー養成講座。17時までみっちり。
21日 18時 ホテルグランヴィア 岡山政経塾OB政治分科会 裁判員制度の勉強会。岡山地裁から首席事務官。私にしては過激な質問。裁判員制度なんて廃止すべき。現状ではムリだと思う。

22日 午前中は資料収集で本屋にブックオフ。またまた買い込んでしまった。
22日 30分の昼寝予定がよだれをくって爆睡していた。たかじんの番組も途中からとなる。
残念。着替えてトレーニング室へ。

23日 医療法人オリーブの面接に対するアドバイスがひと段落。土日に活動していると月曜の元気がなくなるなぁ。テキトーに買い物。

24日 倉敷市役所に用事があるが、ランチをあるお店で食べたいと思い、早目に出発。
「かふぇ るぽ」オムライス大盛り。お店の個性を活かす委員会を作ると面白いかな。
24日 13時 倉敷市文化・スポーツ部 文化振興課を訪問。担当の主任と意気投合。実は、「転機与砲」という劇団からの依頼で同行。理念がまとまっていないので原則論から述べさせていただく。さて、どうなりますことやら。
24日 「アットネットラジオ」収録。最近、日程的にバドや運動が出来ていないので、自転車でモモに行く。

25日 バテ。起きられない。10時起床。
あれやこれやと動き回る。とりとめのない一日。バドは休止。

26日 午前9時45分。ニッサンにリバテイを点検に出す。10時開店らしいが、予定が立たないので15分の前倒しを御願いした。担当と保険などの打ち合わせをしてから珈琲館。入籍を控えた方から吉日の相談。移動。レデイオモモへ。
26日 「あなたの笑顔が見たい」生放送。なんだか調子が悪く、ストーリーが崩れたが、平川さんが顔色と雰囲気から判断をしてくれて。ステキなフォロー。
26日 13時 防衛省備前事務所 所長と歓談 14時15分
26日 帰宅してから事務処理。20時 岡山政経塾100キロ歩行打ち合わせ 0時。

« »